広島へ里帰り

広島へ里帰り②

師匠が仕事をしている姿を、ゆっくり見学できたのは本当に久しぶりのこと。
ここ最近、ひとりで製造をしてる師匠の動くは、ギリギリ目で追えるぐらいキレッキレで。
たったの2日で、メモ帳が文字でいっぱいになり、まだまだ学ぶ事ばかりと嬉しい気持ちにもなりました。
止まる事なく進み、学び続けて、先を見据えて動いている師匠の背中は、どこまでも広く優しく、まだまだ遠いです。

姉弟子の西村さんが江田島でオープンしたしまのぱんsouda!の見学や、開業に向けての質問、そして師匠の誕生日。いろんな要素が重なって。
卒業して間もないのにちょっと恥ずかしいな、と思いつつ広島へ行ってきました。
本当に行って良かった。

開業までにやるべきことがたくさんあることもわかったし、学びもたくさんありました。
わかった事で気持ちも随分楽になり、もう今は開業準備が楽しみでしかないです。

これも元研修生の大きな特権だと思います。
先に開業と窯づくりをしている先輩方がいるので、いつでも質問できます。
あと、ドリアンの工房見学し放題です。多分、永久フリーパスです。
それと、今でも広島で優しく迎えてくださる方がわりとたくさんいます。嬉しい限りです。

師匠は、ドリアンの名前をたくさん使っていいと言ってくれてます。
きっと、ぼくが一番恩恵を受けてるんじゃないかと思います。
元研修生という看板を、背負っているという責任も感じてますが。
泥を塗るようなことがあってはいけないと。

今回の料理通信が、パーラー江古田さん特集みたいな感じだったので、来年はドリアン特集になるように頑張るぞー。
という事で、ツカノマパンのオープンは、12月下旬にします。

車という近未来の乗り物を手に入れた今、もはや広島は、すぐっそこサンクス状態です。
なので、ちょこちょこ伺います。

改めて、誕生日おめでとうございます。

関連記事

  1. 広島へ里帰り

    広島へ里帰り①

    お会いしたかった、広島のどじょうやさん。素敵なおふたりの、溢れ出れる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北の国から

    北の国から⑤
  2. 雑談

    本を読むのが苦手です
  3. パンとワイン

    パンとワイン⑤
  4. パンのはなし

    パンのはなし①
  5. パンとワイン

    パンとワイン③
PAGE TOP