パンのはなし

パンのはなし②

ドリアンで研修をしてから、常に野帳とノートを持ち歩くようになった。
以前はスマホにメモしていたけど、それだけで満足してしまうし、話している人の前でスマホをいじるのはちょっと気が引ける。

野帳にさっと書いて、料理とお酒は全力で楽しむ。翌日に、話を思い出しながらノートにまとめる。
更に調子の良い時は、文章にまとめてアップする。
これで少し頭の中が整理されます。
結局、誰かに伝えたり実践してこそ身になるわけで。

先日、伺ったクロマニヨン(福岡)の市村さんからは、宝箱みたいに貴重な話がザクザク出ててきます。
カウンターは、個別指導塾状態です。(肩の力を抜いて食事はちゃんと楽しんでます)

市村さんは、生産者に対する愛に溢れた方です。とんでもなく詳しい。
それと、クロマニヨンで働いている方は、奥様だけでなくスタッフの方も意識が高くて、いつも驚きます。
この日、コースに合わせたワインペアリングは、それはもう。
是非、体験してみてください。
昼クロも夜クロもオススメですよ。

話の中で、陶芸家とパン職人の話になりました。
師匠の成型を見直していたら、確かに似てる。と。
そして、市村さんは酒飲みがつくる作品が好きだそう。
パンもそうですが、酒飲みが作る作品は、美味しくお酒が飲める。

ぼくのパンもそうでありたい。
お酒と珈琲を好きな男がつくるパン。
今後も投稿の写真は、パン少なめでよろしくお願いします。

関連記事

  1. パンのはなし

    パンのはなし①

    おうちでカンパーニュを焼いた。研修が、確実に身になっていることが実感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. パンとワイン

    パンとワイン③
  2. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜山口さん〜
  3. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする①
  4. パンとワイン

    パンとワイン④
  5. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜ドリアンのパン〜
PAGE TOP