パンとワイン

パンとワイン③

パンは作り手を投影する。パンだけじゃないけど。
手づくりは面白いです。

熊本へ来て美味しいパンにたくさん出会った。
酒飲みなんで、出会うのはもっぱらお酒の席で。

餅は餅屋と言いますが、熊本の料理人さんが作るパンは、作るのやめてほしいぐらいレベル高いです。

独立しても、卸の営業には行けないなーって思いました。
それぞれのお店に合ったパンが既にあって、自分もそれをずっと食べたいと思ったし。

パンがあるお店では必ず注文します。
美味しいお料理がお皿に残した、旨味たっぷりの贅沢なスープを、ぬぐって食べないなんてもったいないが過ぎるから。

バイトをしていたトキワさんのパンは、高加水でもっちと系。ご飯に近い日本人好みな感じで、他谷さんのお料理にぴったり。家で真似して焼いたけど、あの味はえみさん(奥様)にしか出せない、と思った。

pegのひろみさんのパンは、逆にちょっと水分少なめで、全粒粉の甘みがあって野菜の優しい味にも相性バッチリ。以前、テイクアウトのお弁当にも入っていたけど、野菜から溢れる旨味汁をしっかり受け止めてたなーって思います。

新町のclasiqueさんのパン、種からおこしてるらしいです。パン職人を雇ってるんじゃ、と密かに疑っています。(写真は左座さんの試作です)
単体で食べても美味しいし、ワインとの相性も半端じゃない。
clasiqueさんへ行ったら、料理とワインとパンを思いっきり楽しむ。ちなみにデザートとコーヒーも抜群。実はパティシエも雇ってるんじゃ、と密かに疑っています。

熊本ではないけど、大牟田Nidoさんのパンも種からおこしていて、初めて食べた時よりドンドン美味しくなってる。
けいちゃんは、ドリアンの窯見学にも来た。情熱が恐い。
たくさん食べたいのを我慢して、パスタソースを拭えれば、昇天です。

本線とはズレますけど、料理とパンとワインの相性で言えば、大手門(福岡)のクロマニヨンさんとアルティザンさんの相性はもう…です。あんなに衝撃受けることは、後にも先にもないと思ってます。
行きたい。

で、何が言いたいかと申しますと、料理とワインにはパンが必要ですね。という話です。
トキワでバイトをしてて、お皿にパスタソースとかお肉のソースが残っていた時、ポッケにカンパーニュを忍ばせてこっそりぬぐって食べたいとずっと思ってました。(もしくは舐め回すか)
やったことはないです。

ぼくが焼きたいパンは、ポッケに忍ばせておいて、美味しい料理とかを見つけた時に一緒に食べたいパンです。多分。
どう食べてもらうか、どう提案していくか、考えてヨダレばかりが出る日々。

早くパン焼きたい。

関連記事

  1. パンとワイン

    パンとワイン⑤

    パンとワインの愉しさを教えてくれた友達。その友達との初めての…

  2. パンとワイン

    パンとワイン④

    ワインで繋がった縁がたくさんあります。大きな転機になったドリアンでの…

  3. パンとワイン

    パンとワイン②

    「ワインていいなー」って、クルトさん(熊本)でワインを選んでいる時に…

  4. パンとワイン

    パンとワイン①

    ひとりで引っ越そうと考えていた、自分の無計画さを恥じております。知り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜師匠の師匠〜
  2. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑥
  3. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記③
  4. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑦
  5. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑧
PAGE TOP