パン屋になるため旅をする

パン屋になるため旅をする⑥

Nido(大牟田)に行きたい一心で、なんとか大牟田まで。目的が無かったら心折れてました。

ドリアンの見学に来てくれて仲良くなった Nidoのけいちゃんと food laboratory(柳川)のまやちゃん。それと、見学の日にたまたま全員が集まったホームラン食堂(広島)のかなさん。いつだか全員が同い年なことが判明して、急に親近感を持つようになりました。

この3人がすごく刺激になっています。先に独立していて、考え方も近くて。とにかく話していて楽しいです。しかも全員酒飲みです。みんな離れているけど、きっとこの先も時々集まって刺激し合えるんじゃないかなと思ってます。ぼくも独立して3人に追いつければ、それぞれ働き方が違うので、きっともっと面白い話ができると。

ドリアンの研修を通して、かけがえのない繋がりをいただいたと、改めて思った夜でした。

偶然Nidoに、会いたかった方もいて。最近、会いたいと思ってる人に会えることが増えてきて、ちょっとこわいです。いつかまたお会いしたら珈琲の質問せねば。

今日は、玉名を目指します。やっと熊本突入です。ただ、もう歩きたくないです。一歩も。一歩も歩きたくないです。足の裏がボロボロです。

けど、歩きます。たいしたことしてない(きのう日本一周歩いてしてる人がいるのを知ってクソへこみました)のに、こんな状態になった自分が情けない。

でも、実際やってみてわかったことも多いです。今後、スペイン巡礼以外で役に立つかと言われれば、話のネタぐらいにしかならないかもしれませんが。ボロボロの体を引きずってNidoに着いた時、待っていてくれたふたりが笑ってくれただけで、良かったと思えました。徒歩の旅も、酒の肴ぐらいにはなりそうです。

昨日歩いていて思ったこと。

池乃めだかばりのなんば歩きが疲れを軽減してくれること。
日本には多分ベンチが少なくてこれが休まず働けを助長している。
きっと忙しい毎日でゆっくり歩く方法を忘れていること。

ゆっくり歩くことが体に良い。特に日の出から3時間以内はセロトニンが出やすいと、師匠から教わりました。ぼくはもう、気持ち悪いぐらいゆっくりしか歩けないので、セロトニン出まくりです。痛みの苦痛が上回っているかも。

自分がゆっくり歩いていると、いかに周りが急いで歩いているかわかります。都会でなくても。勤勉が日本人の良さなのかもしれませんが、ゆっくり歩ける余裕のある人がもっと増えたらと思いました。

関連記事

  1. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする②

    尾道にも、また会いたい人、行きたいお店ができて嬉しいです。旅の醍醐味…

  2. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする①

    ずっと読みたかった本に尾道で出会いました。「日本ワインと手仕事の旅」…

  3. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑨

    熊本に戻り2日が経って、少しずつ日常に戻っているところです。そもそも…

  4. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑤

    15kgほどのリュックを背負って約40kmを歩きました。こんなに体が…

  5. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする④

    博多に来ました。熊本までもう少し。明朝、博多を出発して熊本を目指しま…

  6. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする③

    「見ている人が嫉妬するぐらい楽しく仕事をする」この、備中倉敷葡萄酒酒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑥
  2. 広島へ里帰り

    広島へ里帰り①
  3. パンとワイン

    パンとワイン①
  4. 北の国から

    北の国から①
  5. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜ドリアンのパン〜
PAGE TOP