パン屋になるため旅をする

パン屋になるため旅をする④

博多に来ました。熊本までもう少し。明朝、博多を出発して熊本を目指します。ここからは徒歩で。大きなリュックを背負った大きな男がいたら、多分ツカノマパンです。

スペインヘ向けての修行です。35歳、遅くきた青春ですね。

博多に着いて、やっぱり都会だなって感じます。久しぶりの人混み。すれ違う人が美人ばかりで下を向きたくなります。岡山も美人ばかりでした。広島も熊本も。日本って素敵ですね。

日本を旅してるだけでもいろんな事が見えてきます。師匠は、女性の顔を見てだいたい出身がわかるらしいです。ぼくも少し会得してきました。

コロナさんへの対応も県によって違うなって感じます。福岡の地下鉄は、かなり気を使ってる様子でした。でも、飲食店さんは賑わってました。

以前、たまたま飲み屋でお会いして、初めて伺った捏製作所さん。平日の夜なのにほぼ満席で、活気に溢れていました。お酒と料理の相性が抜群で、お酒を愛してらっしゃるのが、ヒシヒシと伝わりました。竹鶴のお燗とふたりの柔らかい接客に、身体がほぐれてユルユルで。燗酒ってつける人でこんなに違うんですね。初体験。

福岡へ来たら必ず伺うのが、珈琲花坂さんです。単純に花坂さんの珈琲が一番好きで、ガトーショコラがびっくりするほど美味しいです。博多の人混みに疲れてここにたどり着くと、全ての疲れが抜ける気がします。

それに、花坂さんとお話をしていると、背筋が正される。花坂さんは、一本芯が通っているので、自分の中に散らばった考えが整理されます。珈琲もそんな雰囲気です。芯があるけど優しい。花坂さんの珈琲みたいなパンが焼けたらなって思いました。

混沌とした世の中ですが、芯のある人は動じず冷静に、すべきことをしてるいる気がします。

関連記事

  1. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑨

    熊本に戻り2日が経って、少しずつ日常に戻っているところです。そもそも…

  2. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする②

    尾道にも、また会いたい人、行きたいお店ができて嬉しいです。旅の醍醐味…

  3. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑦

    玉名のHIKEさん。今日の旅の目的地。ただただこの場所を、より知って…

  4. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする①

    ずっと読みたかった本に尾道で出会いました。「日本ワインと手仕事の旅」…

  5. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする⑤

    15kgほどのリュックを背負って約40kmを歩きました。こんなに体が…

  6. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする③

    「見ている人が嫉妬するぐらい楽しく仕事をする」この、備中倉敷葡萄酒酒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記⑥
  2. パンとワイン

    パンとワイン③
  3. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜見学〜
  4. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記①
  5. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする④
PAGE TOP