ドリアン研修日記

ドリアン研修日記〜師匠の師匠〜

ドリアン研修日記〜師匠の師匠〜
師匠が尊敬し師として仰ぐ石川杜氏案内のもと、竹鶴酒造の酒蔵を見学させていただきました。一週間経った今でも、歴史ある建物の空気や蔵人さんのしなやかな動き、隅々まで掃除がなされた内部の景色が心に焼きついています。

ドリアンの研修生には、教科書として「季刊まっすぐvol.13」という石川杜氏の特集をした本が渡されます。パンではなく、日本酒と発酵や、生き方の教科書のような本です。この本が、絶妙に研修生を助けてくれます。本を読み進めていくと、師匠の師匠は石川杜氏なんだと改めて感じます。

石川杜氏とお会いしたのは2回目でしたが、蔵の中でお会いする杜氏には、より一層迫力があり緊張すると同時に、海の様な広い心で包み込まれてしまいそうな不思議な感覚を覚えます。教えていただいた全てのことが、竹鶴のお酒のように身体の中にスッと入って。まだ生きていて、身体の中で発酵している様な気がします。

この日の体験を文字に起こすのはなかなか難しいのですが、石川杜氏の話を聞いて、より自分の進みたい方向が明確になりました。その方向は、きっと茨の道です。

ぼくの目指すドリアンのパンは、師匠も仰っているように、圧倒的な少数派です。自分の周りには、そんなパンが好きな人が多いのでつい錯覚してしまいますが、カンパーニュやブロンだけを焼いて生活をしていくことは本当に難しいことだと、研修しながら感じています。でも、ドリアンのパンが自分の中でベストですし、このパンが最高に良質な食糧であると確信しています。何より、美味しくて、自分が自分のために焼きたいパンです。

石川杜氏が「生きる力の湧く酒」を生み出しているように、ぼくも師匠に習い、生きる力の湧くパンを焼いていきたい。日々の糧であり、竹鶴酒造のお酒のように食事と共にすることで無類の強さを発揮するパンを。好みが分かれることは百も承知ですが、愛してくれる人に全力で届けたいです。

いつか、この日の体験や研修生活の日々を話す場が持てたらいいなと思っています。自分の中にだけ留めておくにはもったいないので。人見知りですが、お酒さえあればよくしゃべりますよ。

関連記事

  1. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記④

    ドリアン研修日記④初めて師匠とお会いして、本にサインをもらい興奮した…

  2. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜見学〜

    ドリアン研修日記〜見学〜ここにはたくさんの出会いと刺激があります。毎…

  3. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記⑤

    ドリアン研修日記⑤「感じたことは言霊になって腑に落ちる」師匠の尊敬す…

  4. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記⑥

    ドリアン研修日記⑥旅立ちの日。残り僅かな貴重な時間。笑いの絶…

  5. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜山口さん〜

    ドリアン研修日記〜山口さん〜独立の話ではなく、短期間、研修を共にした…

  6. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記〜ドリアンのパン〜

    ドリアン研修日記〜ドリアンのパン〜研修生になって知ることのできたドリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. パン屋になるため旅をする

    パン屋になるため旅をする②
  2. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記③
  3. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記②
  4. ドリアン研修日記

    ドリアン研修日記⑥
  5. 広島へ里帰り

    広島へ里帰り②
PAGE TOP